So-net無料ブログ作成
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

ダイエットの極み 対策 [ダイエット]

せっかくちゃんとダイエットで食事に気を付けていても、家族が食べ残したの
が、実際、もったいなくて、つい食べてしまってはあまり意味がありません。
そして、童貞さんのために買い置きしてある感じのおやつを、こそこそと食べ
てしまったり、あるいは、おやつの時間に子どもさんと一緒に付き合ったりな
どしていたのでは、適切な一日の総カロリー数をすぐに超えてしまうだろうと
思います。「もったいない」という心は大変大事なようなことですが、ダイエ
ットが必須だと逆援助で感じているのなら、それはまったく別問題になります。
食べ過ぎて持っているような服がかなりきつくなってしまって、大きいサイズ
の服を実際に買わないといけなくなったり、あるいは、糖尿病や生活習慣病等
になって、高額な感じの医療費がかかったりしたら、実際、「もったいない」
なんてまったく言っていられません。
実際に、太ってくると、実際、いろいろな「もったいない」シーンに出会いま
す。


ダイエットの極み 危ないダイエット [ダイエット]

数あるダイエット法のなかに、「アトキンスダイエット」という名前のやり方
があります。
これは、アメリカ人の童貞医師アトキンス氏が、実際に自分の体を変える目的のた
めに考え出したやり方です。
アトキンスダイエットのやり方は、糖質を減らす目的のために、炭水化物をで
きる限り摂取しないようにするのです。
実際には、ご飯やパン、麺類などの炭水化物をまったく摂らないというのは、
大変つらいし長続きしないので、逆援の主食をできるかぎり減らすようなこと
を心がけるようにします。
そして、アトキンスダイエットでは、主食を減らすと同時に、栄養補助食品で、
以前、かなり話題となったコエンザイムQ10などを摂取するように勧められる
こととなります。
これらのことに気を付けて、徐々に体重を減らしていくんですが、中には挫折
してしまうような人や、なかなか上手く体重が減らないような人もいるみたい
です。
アトキンスダイエットを、自己流で試したような人の体験談ですが、炭水化物
をあまり摂取できないというようなことで、野菜、肉、あるいは魚だけを摂取
していたそうです。
これらの食品はまったく制限しなくていいので、お腹が一杯になって、はじめ
は、きっと続けられそうだと思ったのだそうです。



-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。